定年前にして惑い未だ天命を知らない

定年前のアラフィフおやじの呟き、思ったことを綴る

  検索 Search Engine

なぜ禁煙は成功しないのか。依存の恐ろしさ。

ニコチン依存症のメカニズム

人が安らぎや幸せを感じる時は、α波という癒しの脳波や、ドーパミンという快感やヤル気を出す物質が出ている。

ところがタバコを吸うようになると、次第に、ニコチンの作用で、α波やドーパミンが徐々に減り、慢性的に不足した状態に陥るそうだ。

 

一方で、ニコチンはタバコを吸った途端、一時的にα波やドーパミンを強制的に増やし、喫煙者に幸福感やスッキリした気分を感じさせる。

このため喫煙者はタバコに特別な魅力をおぼえることになるそうだ。

しかし、1時間もして、この一時的なニコチンパワーが切れれば、喫煙者は喫煙者独特のα波不足に戻り、イライラなどの禁断症状が現れ、またタバコが欲しくなる。

そしてタバコを吸えば吸うほど、これが増幅していき、やめられなくなるのだ。

これがニコチン依存症のメカニズムである。

 

最終的に、喫煙者は安らぎや幸せを感じにくくなり、禁断症状とも呼ばれるストレスを強く感じやすくなる。

 

食後の一服がうまい!理由とは

喫煙者は

「食後の一服はたまらない」

というが、これは美味しいものを食べても、好きなお酒を飲んでも十分な満足が得られず、α波不足をニコチンで穴埋めしない限り満足感を得られないからなのだそうだ。

一方で、タバコを吸わない人は、食事をしただけで常時当たり前にα波が出て、満足できているため、喫煙でα波を補う必要がないのだ。

f:id:danhikoichiro:20210502104424p:plain

大人になったらカッコよくタバコを吸いたかった

また禁煙はできないが、

「代わりにタバコの本数を減らしているので大丈夫」とか、

「何本しか吸っていないので健康になる!」ということは難しいということだ。

これは、本数を減らした分だけニコチンを我慢して我慢して、待ちかねて吸ったタバコをより肺の奥まで深く吸い込み、より快感をおぼえ、返ってタバコへの依存が強くなる可能性が高くなりがちになるとのことだ。

恐るべしニコチンの誘惑である。

 

あなたはこんな行動をしていませんか

タバコを吸っている人が、自分の依存度合いを知る尺度としては、薬物探索行動(drug-seeking behavior)を取っているか、ということがある。

 

「薬物探索行動」は、依存等に陥った際に認められるもので、薬物を手に入れるため、喫煙者が手持ちのタバコがなくなった時に、親しい者からタバコを1本もらうのも、薬物探索行動の一つである。

例えば、

・タバコを絶対に切らさないように、家やカバンの中に予備のタバコを持っている。

・頼めばタバコを1本もらえる仲間を数人確保している。

・タバコが切れたら、たとえ強い雨の日でも買いに行く。

等の行動が、この「薬物探索行動」になるとのことだ。

長年大量に喫煙し続けた人は、いつの間にか、体の中には常時ニコチンがあるものだという体に変化する。

そのような人が、喫煙できない状況下におかれないようにする行動が、これら「薬物探索行動」であり、タバコをやめられない人は、ほとんどの方がこれに当てはまる。

 

依存になってしまうと、離脱症状の苦痛を避けるために、何としてでもタバコを入手しようとして、家族の目を盗んで自動販売機に向かうといった、タバコを手に入れるための行動を起こす。

 

では覚せい剤等の薬物依存とは

タバコの場合は「悪いけど1本もらえる」という行動になるが、これが違法のコカインや覚せい剤等になると、タダでもらえることはないので、手に入れるために親戚や友人から金を借りたり、詐欺や窃盗したりするなど、違法なことをしてでも購入するためのお金を集める犯罪行動に繋がっていく。

この欲求はとても自分の力だけでは抑えられるものではなく、芸能人が二度、三度と覚せい剤で捕まるのは、この依存の欲求を抑えられないためなのだ。

薬物依存の恐ろしいところだ。

 

でも子どもの頃は、大人の人がどこでも吸っていたタバコ。

俳優たちが吸っているタバコに憧れたものだが、このままでは、いずれタバコは世の中からなくなりそうだ。

メンソールタバコが禁煙しにくいから販売禁止にするという理由もわからないではないなぁと思ってしまう。

 

danhikoichiro.hatenablog.com

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村  

  
f:id:danhikoichiro:20210417104206p:plainサイトマップ - 定年前にして惑い未だ天命を知らない